エフペシア副作用によるむくみを解消

男性にとって頭髪の薄毛はとても悩ましいもの。これを改善するには早い段階で適切な薄毛治療を行うことが不可欠です。特にAGAという病気が原因ならば飲み薬で大きな効果を得ることができます。

男性ホルモンの過剰な働きによって頭髪の成長を阻害する物質が生じるAGAですが、その治療にはフィナステリドという成分を含んだ飲み薬が効果的です。病院での処方でよく用いられるのはプロペシアですが、これだと費用がかなり高くなってしまいます。一方、ジェネリックのエフペシアを使えばかなり安価に抑えることができますので安心です。

とはいえ、このエフペシアは成分的にプロペシアと同じフィナステリドを含んだものですので、これが頭皮にある5αリダクターゼの2型という酵素の働きを抑えて、男性ホルモンとこの酵素が反応して頭髪のヘアサイクルを乱すDHTという物質を出すのを抑制することが可能です。

ただし、一方で注意したいのがエフペシア副作用であり、これは同様の薄毛治療薬であるプロペシアやミノキシジルなどと同様に、エフペシア副作用としても身体の顔や足部分を中心としたむくみが生じる場合があるといわれます。こうしたエフペシア副作用が発症するケースは極めて稀ではあるものの、肝機能障害などが起きて血流が悪化してこういったむくみになって現れることもあるので、こういった状態の解消のためには服用の際にアルコールで流し込むことは絶対に避けるのと、あと肝機能障害を解消するためにも服用時に水を大目に飲んでおくことも必要です。

さらに、こういったAGA治療薬によって生じるむくみ解消のために使われている別の飲み薬も存在します。ラシックスやそのジェネリックであるフレティックという飲みすぐりの併用によってひどいむくみを抑えることもできますので、まずは効能や用法をきちんとチェックした上で自分に適していると確信できた場合のみ買い求めてみるとよいでしょう。