エフペシア育毛、半年は続けて

エフペシアとはAGA(男性型脱毛症)の改善に使われ、育毛・発毛を促す医薬品のことです。
脱毛の原因には男性ホルモンが大きく関わっているとされていて、男性ホルモンが多いと脱毛症になりやすくなります。
そのため、女性は女性ホルモンが多いので女性の脱毛症は男性ほど酷くないのです。
男性は年齢とともに男性ホルモンが優位になるため、髪の毛が抜けたり細くなったりします。
髪の毛の抜け方には大きく分けて2種類あり、額から抜けていくタイプと頭頂部から抜けていくタイプの人がいます。
30代~30代後半では、多くの男性が抜け毛を気にし始めています。
最近では、育毛・発毛のため早くから様々な商品を試し、脱毛症状が酷くなる前に対策を始める男性も多くなっています。
そんな中人気があるのが「エフペシア」と呼ばれる育毛剤です。
有名なAGAのお薬であるプロペシアと似ていてややこしいですが、エフペシアはプロペシアのジェネリック医薬品です。
なのでプロペシアとプロペシアは同じ成分が含まれており、効果はほぼ同じだと考えられています。

プロペシアの中に多く含まれている成分のフィナステリドには、男性ホルモンの生成を抑制する効果があります。
これにより、髪の毛が増えたり現状維持ができたりと、脱毛症の改善に効果が見られるようになりました。
プロペシアは飲み薬なので非常に手軽ですし、育毛している事もバレにくいので人気の医薬品です。
何を飲んでいるのか聞かれても、ビタミン剤と言っておけばOKです。
また、ジェネリック医薬品のエフペシアは本家プロペシアほど知名度が高くないので、より一層隠しやすいといえます。

プロペシアやエフペシアの効果が現れ始めるまでの目安は半年と言われています。
ですので、最低でも半年間は継続して服用する事が絶対です。
プロペシアは病院で処方されます。それに対してエフペシアは、個人輸入によって手に入るお薬です。
通常は1日1錠を服用し、多く飲んだからと言って早く症状が改善されたり、増毛効果がより期待できるという事ではないようです。
食事のタイミングにも関係なく飲めるので、忙しい方にもおすすめです。